見たもの、読んだもの、行った場所etc...を記録するブログです


by PFart

カテゴリ:ART/現代アート展( 6 )

大竹利絵子展『夢みたいな』
2009/11/26-12/26
小山登美夫ギャラリー京都

e0141698_15351949.jpg
"夢みたいな(Dreamlike)"2009/高さ46cm

木彫りの少女たちがギャラリースペースに点在してます。それぞれ凛とした佇まいで出で立ち、周辺の空気をビリビリっと引き締めています。

(そして私はいま、それらを見ながらこのブログを書いています。なんという贅沢なこと!)

少女たちは、無表情ともいえる、とてもニュートラルな表情なのですが、なんだか、とてもあったかい雰囲気なのです。それは、木(樟/クスや、榧/カヤ)の持つ暖かみもあるし、少女たちの丸みを帯びたからだや、そこはかなとなく漂う気品とか、そういったものがトータルで幸福感を発してるなあと思います。

一番大きい作品「Girl」は高さが約二メートルあります。この作品と二人きりで向き合うと、なんともいえない妙な感覚がします。アーティストトークで、作家の大竹利絵子さんは作品に「魂」が入る瞬間があると、おっしゃってました。もはや彫刻であることを越えて、一人の人格・・・。しかもものすごく偉大な。先日奈良に行った時にたくさんの仏像に会いましたが、それらを見てるときと同じ様な感覚(手を合わせたくなる様なありがたさ・・・)がします。

大竹さんは78年生まれ、オープニングでお会いしましたが、小柄でかわいらしい感じの女性です。2メートルもの大作を作るというそのギャップに驚きました。これからも注目したいです。

e0141698_15365164.jpg
"Girl"2009
高さ1m85cm。椅子と少女はくっついてます。


e0141698_15383236.jpg
"Doll"2009
高さ75cm。上のGirlと同じ部屋に置かれ、対比をなしています。

[PR]
by pfart | 2009-12-05 15:50 | ART/現代アート展
2009.7.31-9.5(8.9-17はお休み)
@小山登美夫ギャラリー京都、TKGエデイションズ京都
http://www.tomiokoyamagallery.com/

6月からこちらのギャラリーで展覧会初日のオープニングパーティーの時だけお手伝いをしてます。

More
[PR]
by pfart | 2009-08-13 16:12 | ART/現代アート展
『インシデンタル・アフェアーズ-うつろいゆく日常性の美学』
2009.3.7-5.10(訪れた日:4.17)
サントリーミュージアム天保山
e0141698_19403153.jpg

こちらの美術館に来るのは初めてだった。JR大阪環状線の弁天町という駅から、地下鉄に乗り換えて、大阪港駅を降りると徒歩10分ほどで、辿り着いた。久々に見る海。いいところだった。

このサントリーミュージアム天保山で、本格的な現代アート展が開催されるのは今回が初めてだそう。

続きはこちら
[PR]
by PFart | 2009-04-27 19:41 | ART/現代アート展
『椿昇 2004ー2009: GOLD/WHITE/BLACK』
2009.2.17-3.29(訪れた日:3.28)
京都国立近代美術館
e0141698_18585697.jpg
e0141698_18591336.jpg

謎の白い物体

入ってすぐのスペースに、どかんと大きな白い物体がある。1〜2階吹き抜けロビーの全体を占めるバルーン状のもの。あまりに大きすぎて全体像がなかなか掴めない。

受付でもらった解説をみてみると・・・。
タイトルは“mushroom”で、「国産のICBM工場」を表しているらしい。ICBMとは、大陸間弾道ミサイル(intercontinental ballistic missile)のこと。このバルーンはその形を模したもので、ミサイルなのだが、ふにゃふにゃして頼りない。自衛隊とか軍備とか持ちつつも、使うことができない日本、というのを表しているのか。なんだか滑稽な感じがする。とりあえず、この常軌を逸したビッグサイズにおののき、よくわからんけど、なにやらすごい展覧会の予感がしつつ3階の会場へと向かった。

続きを読む
[PR]
by PFart | 2009-03-31 19:10 | ART/現代アート展
『チャロー!インディア インド美術の新時代』
2008.11.22〜2009.3.15
森美術館(東京・六本木)
e0141698_1454915.jpg

入ってすぐの部屋の奥に、さっそく曼荼羅的な巨大な極彩色ちっくな作品が見え、おお、パワフルだ!インドっぽい!と、気分も盛り上がった。広い館内にはたくさんの作品が展示されていて、カラフルで明るく、なおかつ思った以上に洗練されていた。

インドは、カーストが抜けきらなかったり、富裕層と貧困層の差がひどかったり、環境問題がまったく気にされてなかったり、経済発展の中で色んな矛盾が生まれつつあったりと、日本と同じかそれ以上にたくさん問題を抱えている。しかしながら、作品群が発するこの底抜けの明るさ、ちから強さは一体なんなんだ。やはりインドはいい意味でつかみ所がなく、謎めきつつも、人々の心を鷲掴みにする。精神的求心力がある国だ。

続きを読む
[PR]
by PFart | 2009-01-08 01:46 | ART/現代アート展
『島袋道浩展:美術の星の人へ』
2008.12.12-2009.3.15(訪れた日:12.30)
ワタリウム美術館
e0141698_1434881.jpg

会田さんに通ずる・・・

昨年の秋頃、東京都現代美術館の常設展で島袋さんの映像(生きたタコを水槽に入れて、新幹線で東京まで運ぶというもの)をみて、そのゆるい発想に脱力するとともに、なぜにタコ?!と衝撃を受けたことを覚えている。

また、確か『美術手帖』の会田誠特集だったと思うけど、島袋さんから会田さんに向けてのメッセージが掲載されていた。会田さんへの愛が文面から滲み出ていて、2人には何か通ずるものがあるんだなあと思った。今回の展示を見て、凡人の常識からは完全にはみ出た感覚と、ふと笑ってしまうようなユーモアという点で、島袋作品は、たしかに会田さんの作品と通ずるものがあった。(ちなみに12/13に会田さんとの対談イベントが同館であったらしく、参加できなかったことが悔やまれる。)

続きを読む
[PR]
by PFart | 2009-01-05 14:16 | ART/現代アート展