見たもの、読んだもの、行った場所etc...を記録するブログです


by PFart

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<ART>
shiseido art egg展@shiseido gallery
ー宮永愛子展 1月9日(金)〜2月1日(日)
ー佐々木加奈子展 2月6日(金)〜3月1日(日)
ー小野耕石展 3月6日(金)〜3月29日(日)

■束芋『ハウス』@ギャラリー小柳
2月14日(土)まで

『さて、大山崎〜山口晃展』@アサヒビール大山崎山荘美術館
3月8日(日)まで

■『杉本博司 歴史の歴史』
金沢21世紀美術館 3/22まで
国立国際美術館 4/14〜6/7

■伊庭靖子展「まばゆさの在処」@神奈川県立近代美術館 鎌倉
2月14日〜3月22日

ジムランビー:アンノウンプレジャーズ@原美術館
3月29日(日)まで

■椿昇展@京都国立近代美術館
2/17〜3/29

<映画>
■『少年メリケンサック』
2月14日(土)から

『罪とか罰とか』
2月末から
[PR]
by PFart | 2009-01-13 20:11 | スケジュール
『チャロー!インディア インド美術の新時代』
2008.11.22〜2009.3.15
森美術館(東京・六本木)
e0141698_1454915.jpg

入ってすぐの部屋の奥に、さっそく曼荼羅的な巨大な極彩色ちっくな作品が見え、おお、パワフルだ!インドっぽい!と、気分も盛り上がった。広い館内にはたくさんの作品が展示されていて、カラフルで明るく、なおかつ思った以上に洗練されていた。

インドは、カーストが抜けきらなかったり、富裕層と貧困層の差がひどかったり、環境問題がまったく気にされてなかったり、経済発展の中で色んな矛盾が生まれつつあったりと、日本と同じかそれ以上にたくさん問題を抱えている。しかしながら、作品群が発するこの底抜けの明るさ、ちから強さは一体なんなんだ。やはりインドはいい意味でつかみ所がなく、謎めきつつも、人々の心を鷲掴みにする。精神的求心力がある国だ。

続きを読む
[PR]
by PFart | 2009-01-08 01:46 | ART/現代アート展
『島袋道浩展:美術の星の人へ』
2008.12.12-2009.3.15(訪れた日:12.30)
ワタリウム美術館
e0141698_1434881.jpg

会田さんに通ずる・・・

昨年の秋頃、東京都現代美術館の常設展で島袋さんの映像(生きたタコを水槽に入れて、新幹線で東京まで運ぶというもの)をみて、そのゆるい発想に脱力するとともに、なぜにタコ?!と衝撃を受けたことを覚えている。

また、確か『美術手帖』の会田誠特集だったと思うけど、島袋さんから会田さんに向けてのメッセージが掲載されていた。会田さんへの愛が文面から滲み出ていて、2人には何か通ずるものがあるんだなあと思った。今回の展示を見て、凡人の常識からは完全にはみ出た感覚と、ふと笑ってしまうようなユーモアという点で、島袋作品は、たしかに会田さんの作品と通ずるものがあった。(ちなみに12/13に会田さんとの対談イベントが同館であったらしく、参加できなかったことが悔やまれる。)

続きを読む
[PR]
by PFart | 2009-01-05 14:16 | ART/現代アート展